【車雑学】なんちゃって大衆車で生産中止の5台はスーパーリッドやフロントマスクやターボディーゼルに驚愕…日産プレセアやマツダランティスも『クルマ女子』

・叔父がカローラに乗っていたのでよく助手席に乗せて貰ったのを思いだしました。
カローラの助手席から私の車好きははじまりました!

・マツダランティスが一番かっこいい!
唯一無二な独特のデザインで、まさに早すぎた名車ですよ。

・生き残るか生き残らないかは紙一重な気もしますね。形を変えたら客が離れたり、変えなきゃ変えないで時代に乗り遅れたり、わからないものですね。

・ランティスなつかしい。記憶にある印象はもうちょっと長い間販売していたような感じです。こんなに短かったんですね。

・小学生の時に通学路に緑のランティスが停まっていたのを思い出しました。
当時は「変わったカタチの車だな」と思っていましたが、今見るとそんなに変ではないと思える不思議…
2L V6でMTの設定もあり、何気に走りも意識した車。

・三菱自動車は、日本では売れないですねー。いい車あるのに。

・ダイハツがセダンを作っていたのは知りませんでした。他の車も記憶の片隅に残っているかいないかという感じで懐かしさを感じました。バブル期の頃の車は見ていて本当におもしろいです

・今回紹介された車は知らないものばかりだったので、とても興味深かったです。特にダイハツはロッキーのような時代のニーズに合った車を作れる会社なので、また独自のセダンにも挑戦してほしいです!

・大衆セダンというネーミングは、いいと思いました。大衆セダンは、トヨタカローラが当時圧倒的でした。友人が乗っていましたが故障が少なく、長持ちするイメージでした。当時は、興味がなかったが、今考えると、いい車があったのだと思い直しました。

・今回紹介された5台は、各メーカーの資金が潤沢だったが故のクルマかもしれません。アプローズのリアハッチ、ランティスの5ドアハッチバックなどは正しくバブル期ならではの挑戦だったと思います。
カリスマは欧州での評価が高かったのでもう少し売れる感じがしました。

・個性的なセダンが多かった時代、こういうことだったのかと今になり理解できました。懐かしい車・名前ばかり。
ダイハツのスーパーリッドはいつの時代でも重宝しそう。これが多様性。今のダイハツなら性能も精度も高いものが作れるのになぁ。過去を掘り起こされて厳しくなるかなぁ。
日産プレセアは当時のCMも大人な感じで車のデザインとともに印象的でした。
三菱も世界に認められていたのに、商売はうまくないなぁ。
5台ともイイ!

・マツダランティス 良いですね(^-^) 2リッターV6はレスポンスが良さそうで気になります(^-^)デザインもマツダらしいスタイルで好ましいです(>_<) 三菱のカリスマは海外の人にはシンプルな車の方がウケたのですかね(^-^)ダイハツのアプローズは、燃える車とは怖い異名を手に入れてしまいましたね(;^_^A ガソリンはエンジンの中で燃えて貰わないと困りますね(;^_^A

・時代に受け入れられ、ヒットするというのは、本当にわずかなのですね。だからと言って消えて行った車が、性能やデザインが悪いかと見ると、全然そんなことはありません。全てが個性的で魅力的です。誕生して、消えたとしても、その車に乗った人達は人生を飾った愛車として記憶に残っているはずです。だから少数であれ、その車に乗った人は至福の時を味わったはずです。どんな車も愛おしいものだと、私は思います。ですので、全ての車に感謝、ありがとうと言いたい。

・初っ端がアプローズと言うのが飛ばしてますね!
知らない人の方が多いかも?(私も実車は見た事ありません)。
ランティスはマツダらしいですね。
パワーウェイトレシオが7kg/PSの大衆車とは(^^;
マツダは今でも走りに振った車を出しているので、頑張ってほしい所です。

動画のシメでも出てますが、この手の車はやはりトヨタか日産でしょうか。
どっちかにしておけば満点でなっかたとしても、間違いはない、みたいな。
もし自分の親が「カリスマ」と言う名前の車を買おうとしたらまずは一旦、止める気がします(^^;

・ホンダの場合、アスコットやラファーガといったひっそり消えていったセダンもありましたっけ。
今回の5台、特にアスコット気の毒でした。
リコールの件は一切知りませんでしたが、がんばって意外に長生きしていたんですね。
プレセアは知り合いにスタイルにぞっこんで10年くらい乗っていた女性がいました。
2代目は興味なさそうで、初代をずっと乗っていました。
確かにかっこいいし、色も深みがあって良かったです。
それにプレセアの頃ってハードトップのセダンがたくさんありましたよね。

・ダイハツといえば軽自動車。
そのダイハツ初の意欲的な独自開発のセダン車がアプローズだったんですね。火災事故を大々的に報じられイメージダウンは避けられず一代で販売修了。そしてダイハツのセダン車生産からの撤退。歴史の一車ですね。

・ここに出てくる車を全部覚えている人って、どのくらいいるのだろう?
私は、アプローズだけは記憶がなかったです。
ダイハツで自前のセダンを作っていた過去があることも初めて知りました。
プレセアに乗っていた女の子がいたなあ。本当に懐かしいです。
あれから20年以上経ってしまったんですね。
4ドアハードトップなんて、今は死語なんでしょうね。
昔はお手頃な価格で色々なクルマが選べて楽しかったです。