旧車カタログ 平成元年 初代 A31型 日産 セフィーロ CEFIRO コンフォートクルージング

・もっとあぶない刑事では
仲村トオルさんが運転しました。

・元気があったころの日産の傑作機。私もオーナーでした。乗っていて楽しいクルマでした。

・最高ですセフィーロ!!!
人生で3回も買っちゃっています❗
めちゃくちゃ惚れてます。
ローレルアルティマ仕様にしています(笑)

・職場の先輩が、出て直ぐに71のマ―クⅡから乗り換えた記憶が。スタイルに惚れたんだろうけど内装は、貧弱だったかな?

・昭和天皇陛下が崩御された時、CMでの井上陽水のセリフお元気ですか?が途中からカットされたと記憶しています。窓を開けてお元気ですか?が。フロントグリルがかっこいいと感じていました。

・R32スカイラインに向けての「先兵」というイメージでしたね、マルチリンクの初採用でしたし。

・セフィーロは渋すぎ😃A31はFRやしパワフルやし シルビアの13に似てるようなフロントマスクかな

・歌手 井上陽水さんが「皆さん、お元気ですか。」と台詞を言い、糸井重里氏のキャッチコピー「くうねるあそぶ」が当時の流行語にもなったクルマこそセフィーロですね。

歴代のを見てみるとこの初代モデルのほうが、スポーティーでカッコいいなって思いましたね。

・車検後、次の日にスクラップになったのがいました。わざわざアブソーバまで変えたのに。まだ4万キロ。交換なんて早いと言ったが、長く乗るから変えてくれと。32キロ走って事故りました。さすがに長く乗られましたねと言ってやりたかった、うるさい客。

・セフィーロはやっぱり初代が一番カッコ良かったなあ。車も家電もそうだけど、シリーズの初号機が一番、エンジニアのコンセプト通りの物だよね。それがモデルチェンジを重ねると、段々と市場の声だの、会社の都合だのに押されて初期のコンセプトからかけ離れていく。
このセフィーロも多分その例で、2代目,3代目と次第にデカく高級車然となってしまった。

・I regret that I’ve never seen a Nissan Cefiro, but someone gave me a Japanese brochure of the car. I thought it was the most beautiful looking car offered in Japan, and was disappointed that it wasn’t available for the American market.

・遊び心を大切にしたスペシャルティー4ドア

・日産のセダンはセフィーロよりブルーバードのほうが好きです。セフィーロは特にデザインが嫌いです。