旧車 大図鑑 日産 インフィニティーQ45 1989年-1997年

・米国では人気だった様でしたが、セルシオにはコールド負け
そこからトヨタと日産の差が
加速した様に気がしますが…

・余りにも酷いスタイルに安物の内装。
勘違いもいいトコの、
スポーツカーライクなエンジンと走り。
こんなシロモノで
本気で世界の高級車マーケットで
戦えると思ってた日産。

正気の沙汰では無かった。

・マフラーとコンピューター変えれば余裕で200キロ越え可能

・インフィニティかっ怖いといってますが、今の車より外観は全然いいわ。

・バブル期に登場したとはいえ
女性受けが悪かった。

・初期型を6年落ちで58万円で買ったw
極悪燃費に耐えられず半年で手離し、センティアを買いました。
思い出はなーんにもない。

・高級車だから悪くは無いのだけど
セルシオが良く過ぎて陽が当たらなかった
グリルが付いてから見た目良くなったのに

・まさにバブル期を象徴するクルマでしたね。悪い車ではなかったと思いますが、セルシオと比べたら好みが分かれたのでしょう。同じようなプレジデントはやめてほしかった。(プレジデントを開発する余力がなかったのでしょうか)