トヨタ クラウンRSアドバンス 3.5 ハイブリッド 実走行・試乗インプレッション – TOYOTA CROWN RS ADVANCE 3.5 HYBRID driving review

・同じ排気量でハイブリッドの比較とても参考になります!他のセダンも同じようなものがあればお願いします!

・走行モードを変更して乗っていただきたかった 乗り重視のコンフォート 走り重視のスポーツ+ etc
特に3.5RSのスポーツ+は とんでもない化け物になるらしいです

・クラウン Gエグゼクティブ 3.5 ハイブリッド と シーマ・ハイブリッドを乗り比べたら、シーマ・ハイブリッドの静寂性の高さと走行性能に惚れた。LS500h もクラウン3.5 と同じだった。
価格で見ても性能で見てもシーマハイブリッドが一段上にいる感じなのに、日産ときたら、、、

・私はこれに乗っております。 正直 3.5RSはエンジンとAT制御が全くダメですね。 ちょっとアクセル踏むとすぐにキッキダウンしてエンジンがうなります。 せっかくのV6がだいなしです。 各モードのインプレとかありましたが コンフォートは少しノーマルより足回りが柔らかくなる。 エコは正直このモードはいらないのでは?と思える位ひどく遅い。 スポーツはノーマルより少し足回りが硬くなる で スポーツ+ですが これが一番V6らしいエンジン特性になるのではありますが いかんせん坂道の下りでは鬼のようにエンブレがかかります。大げさにいえばレーシングカーがコーナー進入時に何段もシフトダウンするあれです。 確かにスポーツ+はすばらしいのですが とんでもない化け物にはなりません。 これはトヨタさんに是非言いたいのですが ハイブリッド=燃費 ありけりで制御した結果 この3.5RSは非常に残念な車になりました。 むしろ同じGエクゼクティブの方がスムーズなのかと思います。
一番トータルバランスが良いのは2.5HVだと断言できます。 ちなみにディーラーさんもこれは認めています。 なので私は今はB社のスロコン(スロットルコントローラー)をつけてノーマルモード(車両のモードで)で走っております。 モードはスポーツモード(スロコンのモードで)。これでノーマルモードの足回りの柔らかさを維持したままスポーツ+よりちょっと上のレスポンスで乗っております。 色々モードを試しましたがこの設定が一番 街乗りにも高速にも最適です。 ちなみに燃費は実は良くなっております。 結局 HVはいかに巡航速度にのりEV走行を維持できるかが燃費の良し悪しに反映するのであって 特にAT制御ができてない3.5は出だしレスポンスよく早めに巡航速度に達することにより燃費をかせぐにつきます。 3.5を考えられてる方 現状所有してる方は是非スロコンを導入する事をお勧めいたします。ただし スロコンはパワーを上げるものではなくあくまでもアクセルのレスポンスを上げるもので 最悪壊れた場合 エンジンがふけなくなる エアフロが壊れる コンピューターが壊れる等のリスクがある事をあらかじめ申し上げときます。あくまで自己責任です。 あとカタログ上の360馬力(エンジン+EV出力)には標準の18インチの225では全くアンダースペックです。すぐホイールスピンします。