新車情報’98試乗インプレ トヨタ プログレ

・このクルマが日本には丁度良いサイズなんですがね。現代のクルマは大きくなり過ぎて、乗りづらい。

・ブシツケさんこの試乗で気に入ったみたいで
プライベートカーで購入したみたいですね

・中古市場の安さに比例しない素晴らしい車ですね。
安価でこの車に乗れるのはある意味幸運かもしれません。

・ややソフティ

・3:57 煽り運転……

・この車に乗って、もう16万キロになりますが、消耗品の交換のみで、今に至るまでトラブルなしです。その上、ヤレを微塵も感じることもなく、今もとてもスムースで静かです。 トヨタさん、いい車を本当にありがとう。  私も、じじい向けに、後継車を作ってほしいなと思います。 グリーンの似合うバンデンプラプリンセスのような車や、このプログレのような車、でてきてほしいなと思います。

・クラフツマンシップ迸る本物志向の「小さな高級車」

・what car?

・これ程までに”老人”を感じさせるデザインの車がかつてあったであろうか?

・Use English my man

・2Lも出しておいて欲しかった……

・FR車で右ハンドルは、運転席足回りが元々狭い宿命にあるのだが、幅が同じクラウンタクシーなどはクラッチがあるにもかかわらず上手にペダル配列をしてある。しかし同じトヨタが同サイズのプログレでは不自然なほどのペダル配列。はっきりいえば軽自動車並。老夫婦が古都など車で旅するイメージだが、旅先で渋滞に巻き込まれたら悲惨。ハンドルを持つ上半身は真っ直ぐだが足は窮屈に左に捻り、さりとてFRなのでフロアトンネルの盛り上がりにより左足のレスト置きがこれまた小さく、足サイズが大きい年配のドライバーは悲鳴を上げるか腰を痛めるかどちらかだろう。トヨタがFF移行を迫られながらも下請け傘下に配慮した苦肉の策。1995年頃より側面安全性が社会的に問題にされ、プログレ開発段階で側面安全対策を盛り込んだのはいいが、ドア厚が膨らみ、従来の小型車枠一杯のFR車ではオフセットも限界と知りつつ、FR車体のFFへの生産移行を緩やかに、そして傘下の車体下請けに配慮しながら、ユーザーに向けては確信犯的に出来が悪いと思いつつ売り出した車。ユーザーにではなく傘下の協力企業に忖度した車。小さい高級車というキャッチコピーに引っかかったこの車の購入者はご苦労さま。ちなみに同時期に発売されたFRマークIIやクレスタはいずれも車幅は176センチ。私も乗っていたが、不自然なペダルオフセットは感じられないです。このわずか6センチ(運転席側だけなら3cm)が実に大きいのです。

・デザイン、狭すぎ これで車の良さを潰してしまった トヨタとしては駄作。

・もうデビューから大分経ってしまった。本当は4気筒エンジンでやって欲しかったのだケド・・・。新車で買って下さったお客さんは勿論、中古車で購入なさったお客さんへ、リコールをしてあげれば良いのに・・・。ウォールナット・パッケージでは無いお客様のために、胡桃の木をトヨタで育てて張替えのリコール。有償か無償かはトヨタの算盤に任せますけど(当たり前か?・・・)。プログレのオーナーさんを見ていると、皆さん大事にして下さってますし・・・。プレミオで補完できるかと言うと、どうなんでしょ???その他、諸々・・・???