トヨタ・プログレ 試乗レビュー 前編 内外装をチェック!Toyota Progres review

・昔は5ナンバーの直6なんてゴロゴロいたのにねぇ…
しかし今の車とは比べられないほどの質感…

・わナンバーのプログレ?!いったいどこで借りれるんだ…

・気になっていた車なのでレビューありがたいです

・あのーあれやって下さい

古めのオーリス 昔のヴィッツと同じ顔だったやつ

・うおお。✨
懐かしい5ナンバーサイズセダンやー!

これで2.5Lっていうロマンよ✨

ちゃんとカクカクしてて良いよなあ。
今で言うと…プレミオが事実上の後継車かなあ??

・初めまして、解除する時にレバーを引くタイプは他にもマークiiでも採用されました。
私の父が乗っていたx70系もそうでした。

・うわーめちゃめちゃ懐かしいです!
物心ついた頃に祖父が買い替えた車で、パーキングブレーキの仕組みは家族がみんな驚いてましたね…
この車、サスが柔らかくてシートもふわふわで内装素材の新車のにおいが抜けず酔いを誘発させていたので
乗っててよくグロッキーになってた記憶が強いですが、思い出深い車です。

・懐かしいな~、小さい頃に家にあったのを思い出した。トヨタクラウンの次に好きな車。

・撮影場所が地元でビックリ!w
プログレは、ドラマの「やまとなでしこ」のオープニングで少し映ってた気がしました

・3:32 NC300後期でも
10・15 11.4km/ℓです。
燃費は直列6気筒にとっては最も理想的な1気筒500ccの3ℓなので効率が高く
3ℓエンジンの方が1気筒辺り効率良くより少ない燃料でパワーが出る為、実燃費は特に低燃費です。

・今でも需要があると思うけどねぇ

・5:29
このパーキングブレーキは他にもMS125型のクラウンにも活用されていました。
詳しくはうな丼さんのを見てください。

・内装めっちゃ好み!

・マイナーだけど大好きなクルマです!取り上げていただきありがとうございます!

・昔祖父が乗ってたなぁ…
基本的にはゆったりと走る車、だがひとたびアクセルを踏むと直6の心地よいサウンドを奏でながらグイグイと車体を引っ張る感覚…
トヨタさん、もう一度プログレみたいなコンセプトの車を出して欲しいなぁ〜

・気になっていた車!!
後編も楽しみにしております

・お、気になってたクルマ!
小さな高級車ってコンセプトは需要あるとおもうんですけどねー…

・そういえば近所のおじさんがプログレからアクアに乗り換えたら腰が痛くなったっていってたな

・なかなかマイナーな車ですねw
ドリ車にしたら面白そう
ハイドロプレーニング現象は分かりやすい!

・僕は高2ですが、プログレ愛好家の1人です。プログレが、僕を車好きの世界に迎え入れてくれました。
元は、僕の両親が新車で買った1998年式のグリーンのNC300、特注で黒革にしてもらったウォールナットパッケージのプログレに乗っていたのが始まりでした。エンジン音はとても静かで乗り心地もとても良く、17年乗って今はもう乗り換えてしまいましたが、故障一つせず。しかも装備も、レーザークルーズコントロールやカーテンエアバッグなど、今の車と劣らず、5ナンバーサイズながら室内の広さは圧倒的に広かったのを覚えています。また内装も本革や本木目をふんだんに使い豪華そのもの。「リトルセルシオ」を名乗るだけのものはあります。シートもふかふかで今の車にはない素晴らしいものを持っていました。
センチュリーの工場で生産したことも大きく、品質も高く、塗装も非常に美しく、地味な車ですが、日に当たると綺麗に輝いていました。特に、イメージカラーのグリーンは美しいです。今も、根強いファンがいるのも納得です。
自動車評論家の人は、保守的なデザインすぎると言うかもしれませんが、それが逆に日本の風土にあっていると思います。今の車に多い、グリルが大きくいわゆる「オラオラ顔」は僕はあまり好きではありません。
また、高齢化社会に進んでいる日本社会で、プログレ のキャッチコピーである「小さな高級車」ほど素晴らしいものはないと思います。最近の車業界は、若者のクルマ離れを避けようと、すべての車をスポーティ風にする傾向にあります。しかし、いくら車をスポーティにしようと、税金を安くしないと若者はクルマ離れをしていくと感じます。そこで、高齢者が増えている中、「最期くらいは高級なクルマに乗りたいな。でも、でかいクルマは運転できる自信がない…。」という人向けに、どうかトヨタさん、プログレを復活してもらえないでしょうか。一度、同じようなコンセプトでSAIが出ましたが、結局、マイナーチェンジ後は若者向けのエクステリアになり、消滅してしまいました。もういまは、お年寄りの乗るクルマが少なくなっていると思います。ですから、どうかプログレを復活させてください。プログレ愛好家からのお願いです。
僕は、クルマの免許を取ったら、中古のプログレを買おうと心に決めています。最近のクルマは、どれも本気で心を込めて作られているクルマが少ないと感じるからです。そして、一生かけてプログレを乗り続けます!
この希少車種プログレを、レビューしてくれたセミクロさん、本当にありがとうございます。この動画、コメントを読んでもらい、プログレの魅力を少しでも多くの人に知っていただけたら嬉しいです。
長文失礼しました。

・ドアの音良いですよね。
もっと静かに開け閉めをすると、日本車のドア開閉フィールの設計の思想が見えてきますよ😃

・へたな最近の車買うよりもこの年代の中古の値段が下がってきた高級車買ったほうが満足度高いかもな

・次回!フォードスコーピオ!レビュー!

・こりゃまた香ばしい車を用意しましたね。実家の近所に停まってましたが、落ち着たデザインで大好きです。

・ウォールナットパッケージの内装もええで。

・こういう車大好きですね、、
最近は仕方ないですけど世界に向かっていかないといけないのでこういう車は出来ないですよね。。

・このプログレをベースに初代クラウンの復刻版のトヨタオリジンって派生車種もあったのを覚えています。

・プレビスもやって欲しいなぁ

・ボディーの寸詰まり感がたまりません。とてもマークⅡ系と同じメーカーが作ったとは思えない拘りが感じられます。
後編が楽しみです。

・プレミオの高級版的な感じかな?

・すごいのチョイスしましたね!この車、あの三本和彦さんが気に入りすぎて個人用で買ってしまったほどの名車ですよ!

・プログレ!!

・鎌倉が似合う高級車と言われていました。
確か、福野礼一郎氏がこの車のシートはきめ細かい風合いの生地を作る為に専用の機械を海外から購入した、とあったと思います。
室内はまるで文筆家が籠る老舗旅館の様でしたね。笑

・ナビをもう少しいじって音声とか聞かせて欲しかったです、、

・わナンバーのプログレだと!?

・友人が乗っていてかなりの時間助手席で過ごしたプログレ、懐かしい
ビルドクォリティがずば抜けていて、フロント内側のライト、ボディ側に付いてるの気づきました?
ボンネット側の穴とばっちり位置合わせをするには高い精度が求められるわけですが、狙ってやったそうです
シート表皮もわざわざ織ってから風を当ててほぐした上で縫製したとか、尋常でないコストがかかってます
あまりにかっちり作ったせいか、出た台数の割に残ってる個体も意外と多い
全体デザインは、おっしゃるとおり現役時からコンサバ過ぎて逆に目立ってました
アリストの速いシャシーを遅く走らせようとするこの車、後編のの走行インプレには注目したいです

・エッセに乗ってほしい…

・出たミニセルシオ

・今乗ってます!中古が安いのと高齢者のユーザーが多いので、明らかにカスタムされてるようなタマじゃなければ程度もそこそこのが安く買えますよ!オーディオはトランクルームにあるオーディオユニットからRCA引っ張ってこれるので、AUX使えば良い音(スピーカーが良い)が出ますよ!
安くFR直6に乗りたい人には兄弟車のブレビスと合わせておすすめです!

・5:32 うわー それ懐かしい!親がマークII乗ってて、それ操作してましたが、まさかペダルもあったとは!

・個性的だけどカッコいい。

・擬似オルガン式に見えるなぁー

・セダンタイプで、1番気になっていた車でした。懐かしいです。

・祖父がチェイサーから乗り換えたのがこの車でした。
それまでほとんどファミリーカーにしか乗ったことのなかった自分にはどこを触っても柔らかいこの内装と静粛性には衝撃をうけましたね
後席は大人三人だとさすがに狭かったです。
いまでも元気に走っているはずなので今年帰省したら運転させてもらいたいです!新免の自分が貸してもらえるかは怪しいですがw

・次回『トヨタ・ブレビス』レビュー‼️

・お疲れ様です、内外装の作りを見る限り
当時のトヨタさんやサプライヤーさん達での、努力の甲斐が表現された良い車ですね…

・新車価格が同世代の170クラウンより高いってのは衝撃だった

・最終型のNC300ウォールナットIR黒革に乗ってました。
言う事無しの上質な車でした。内装は豪華ですが外観はハイグロスの純アルミは付いていますが本当に地味です笑

・昔、A33後期セフィーロに乗ってましたが、パーキングブレーキの解除はやはり同じ場所にありました。当時のLクラスセダンは足で踏んで引っ張って解除するのが主流だったんですかね?

・言わずと知れたセルシオの陰に隠れたプログレですね!鳥取県のような田舎でも根強い
ファンがいて駐車場で見かけることがあります。