トヨタ 新型 ハイラックスサーフ 2022年に復活!内外装・スペック・価格

・本当なら絶対買う。

・やっぱり高いな!サーフでこの値段は出せない。

・ろぶよん…って⁇

・復活ならSUVブームの今!!

・日本車が段々巨大化しているように思える!

・フォーチュナーの導入の方がまだ可能性がある

・サイズも価格帯もフルモデルチェンジの時期もプラドとガッツリかぶってる

・ほんとですか?

・ハイラックスサーフ、昔の初期型の形で、限定生産ででも出してくれたら死ぬほど嬉しいんだけど
後先考えず、即予約だね☆( ゚∀゚)ノ

・絶対ありえないと思います。
我々購入者側からしたら購入するもしないも自由ですが、トヨタ側はデメリットの方が確実に上回る。
最上級グレードでも500万代で買えるプラドさしおいて600万の4ランナーは国内で売れるわけがない。

・ろぶよん?もだけど、ぜんはばじゃなくてぜんぷくでは?

・185ディーゼルMT乗り続けてます。サーフ乗りですのでサーフが復活したら嬉しいですが、無理でしょうね。価格帯や性能で言ったらプラドがありますし、プラドより安くなるわけがないと思うんです。同価格帯、同性能ならプラドを売らなければならないのでサーフは発売しないでしょうね。大きさもプラドより小さめで取り回しが効くように というサイズならRAV4がありますし。 どうしても乗りたい人は並行輸入しかないでしょうね。

・各モデルも、好きです。自分も2代目130型を、7年乗りました。年々サイズも価格も大きく なって行くので維持が難しいので手放して、その後ダイハツテリオスを新車購入で10年、現在は12年落ちで購入の初代NOAHに6年 (初年度登録から18年) 乗っています。サーフの手頃な 大きさやデザインは初代型 ではないかと思います。ピックアップトラックの派生車の原形は、昔は多かったですよね。トヨタパブリカ、日産 サニートラック、 マツダファミリアトラック等。農家で車体の前後 運転席 と荷台 で切断してトラクターで牽引して走る姿を田舎では目撃したものです。
何も海外向けだけで展開せず、国内も再開して欲しいです。海外は、日本同時にイギリス連邦国の様に右ハンドルの国もあります
。左ハンドルの国ばかりではないので、右ハンドルSUVの車種の選択肢がもっと欲しいです。

・285系 現行4RUNNERに乗っています。
■メリット
トヨタ車という安心感
人と車が被らない(1年乗っていますが、すれ違いが一回もありません)
パワフル(273hp 4Lガソリンエンジンは十分すぎるパワーです。ベタ踏みできないです)
5人乗ってもゆったり(旅行の際の荷物置き場もゆとりがあります)
頑丈(ラダーフレームならではの安定走行)
サーフの特権リアゲート(社内の空気の入れ替えや蚊の追い出しはあっという間)
■デメリット
新車・中古価格ともに高い(新車で600・中古で400)
自動車保険が高い(型式不明車となり割高。車両入れ替えの際に等級が引き継ぎできません)
燃費が悪い(街乗りでリッター6.5くらいです。 80L満タンで・・・。
トヨタ車ですがトヨタ車でない(トヨタディーラー・部品共販・カー用品店では相手にされません。アメ車と思ってください)
パーツの手配が容易ではない(日本の田原工場で作られていますが一度アメリカにわたり品番が変わります。取り寄せる際も海を渡って高額になって帰ってきます)
嫁の恨みが半端ない
総じて自己満足性が高い車ですが、メリットがデメリットを上回るようなら検討してみてもいいのではないでしょうか?
購入後のメンテナンスを安心して任せられるショップでの購入をお勧めします。
日本での復活は難しいと思いますが、ディーゼル仕様がでるならありかもですね。

・無いでしょうねぇ…🤔
これからも4runnerの販売はあると思いますが…