tvk「新車情報」公式 トヨタ プロナード 2000年5月15日放送

・今見てもダントツで存在感のあるフォルム。最近のセダンは海外志向だから、今となってはデカイと言われていたプロナードやウィンダムサイズが主流。この頃はまだ空力デザインではなく前後の絞り込みが少ないから、とにかくプロナードは寸法以上にデカく見える。サイドビューの貫禄は、最近のセダンより上。

・今免許取ってる最中だけど取れたらプロナードのベンコラが一番欲しい

・隠れた名車

・公式で三本先生の新車情報が観られるなんて最高。素晴らしい番組だった。

・野中さん、三本さんに正しい難癖つけられても「逆輸入」押し通しててワロタ
sakusakuにも出てくれてうれしかったなぁ

・アヴァロンの後継車がプロナードなのか。
アヴァロンは北米市場でまた出ましたからね

・昔勤めていた会社の会長が乗ってました。
20万キロ過ぎても頑丈だって言ってました。

・ベンコラの重量税がウザくて
フロアシフトにベンコラ内装移植した車乗ってる人いたな。

・19年前、、、、

・FF最高級車ですね

・20年経つな

・野中さん目当てで見てた人も多いはず

・すごいな、3日前は閲覧数9166人だったのに。みんな調べるのかな?

・これの本革ベンチシートコラムATはアメリカンラグジュアリーカスタムベースとして人気あったよな

・当時新型今絶版

・ベンコラもあったよね

・6歳の時か

・これ公式で公開されたのですね。嬉しいです!

・新型プロナード2022発売予定?

・最小回転半径5.6m 。

・いまの、鯨の髭みたいなグリルに
オモチャみたいなカタチしてるトヨタ車とは違って品がある。

・プロナード…向こうではアバロンの名で売られていましたね(一応アバロンも元は日本で販売していたのでプロナードは後継機)

当時としては車内スペースも元が北米向けの車だけにセルシオに引けを取らない広さがあって乗り心地もトヨタの高級車規格だけありよかったのでしょうがデザインが西側向けの方々の嗜好に合わせてあるのがどうしても仇になり日本人好みの重厚さと押し出し感が足りなかったので人気は出なかったある意味で不運な車ではありますが良さが分かる人にはこれ程好条件の纏った車はないと思います

・良くも悪くも昔の高級中国車みたいなデザイン

・この試乗インプレッションと同じ3.0Gパッケージに乗ってますが、プロナードほんとにいい車です。この車発売当時はウィンダムやらセルシオ、アリストなどの影に埋もれ、アメリカ市場ならではの車体の大きさやデザイン性が日本人ウケせず、ほとんど売れなかったようで残念です。今もたまに年配の方がフルノーマルで綺麗に乗ってらっしゃる方を見かけたりしますね。アバロンまた日本市場で売ってくれないかなぁ

・売れなかったのは
ゲート式シフト
ウッドコンビハンドル
プロジェクターヘッドランプ
では無かったからだと思う

・この時代の日本ははまだ高級車はFR至上主義だったから良い車だったけど不運に終わったんだよな。🙄

・迷車で草