人気車になれずに1代で消滅したスズキのセダン3選!「キザシ」などマイナーで終ったクルマ!

・キザシは格好いいですよね❗
他人とは違う。目立ちたいと思えば絶対買い時❗

・キザシはわりと好き

・やっぱり キザシ

・キザシってかっこいいと思うけどなぁ。金あれば欲しかった。

・キザシはカッコイイと思うけどね。
よく、警察車両に使われてると思ったら、そう言う事だったのか😅

・一時キザシを見たら覆面と思えと言われてましたね。

・SX-4はカッコいい〜!!
パイクスピークっぽくて好き

・セダンじゃないけど
バレーノも大丈夫かってくらい
走ってないですね…

・キザシは覆面パトカーだから凄いよね‼︎気になる車種でもある!前の2車種はデザインがずんぐり、むっくりだったから売れなかったのでは⁉︎デザインが良ければヒットしてたかも⁉︎

・キザシは本当にカッコいい
アレ程出来の良い車が売れなかったのなら、スズキはもう国内ではセダンは出さないだろうね。

・6:56 ケモノ耳に見える回転灯…

・今後スズキにセダンが出るとしたらトヨタか日産のOEMになるだろうな。

・キザシはVWのマークが似合いそ笑

・キザシ見たことあります。

・キザシは人気じゃないか!
主に警察に

・キザシは煽られない

・カルタス・クレセントは?
あと軽自動車のスズライト・フロンテ、スズキ・フロンテもあるよ

・SUV飽きてセダンにしたよ。
流行はいずれ変わるよ。

・3コメ!
早めに見れた☀️

・SX4のペダルレイアウト、絶望的なほど左に寄ってる。
嘆かわし~!

・SX4セダン、初めて本物を見た時、あまりのカッコ悪さに本気で欲しくなりました。

・カルタスエスティーム!!なかなかまとまってた気がする。

・覆面以外でキザシをみたのは、ディーラーの従業員が乗っていた一台のみ。警察車両の入札で安く入れたためだろうね。

・カルタスのセダン、エスティームは結構売れたね
デザインが良かった

・キザシは覆面パトカーに採用されるくらいだから性能は本当に良かったんだろうな

・sx4セダンって少しロシアのセダンに似てる気が、

・某雑誌でエリオのデザインをヨーロッパ車ってべた褒めしていて苦笑した

・インド向けディザイアのリアまわりをうまくいじれば、日本でもそこそこ需要あるんじゃないかと思う。小さくて走りもいいし。

・グランツのBGM?

・マルチスズキのシアズを日本で販売してくれ〜。

・セダンが売れてないわけではない。

・スズキのセダンが冴えないのは ベース車輌が不人気だから!エリオ、SX4、カルタス(クレセント)
単独開発でミドルセダンのキザシは格好良かったが ライバル車因りも割高で受注生産では売れる訳無い!カムリ、テイアナ、アコード等 に敵う訳無い!

・スイフトをベースにしたコンパクトセダン作ってほしいな。

・スズキとダイハツはセダンのイメージがないというのが大方の世間の反応。
後者に至っては朝日新聞社による偏向報道が無かったらダイハツはアプローズの後継をきちんと作っていたかもしれなかった。
アプローズのマイナーチェンジ後は明らかにトヨタからおこぼれもらったなっていう内装をしていたし。

・一番米(*^^*)👍

・スズキの国内でのライバルは、トヨタのタンク・ルーミーやライズです。全幅1.7×全高1.7×全長4m、3気筒1Lターボ4WD(積雪地帯向け)CVTクラスをがっちり固めたいところでしょう。
全幅1.7×全高1.55×全長4m3気筒1Lターボ4WD(積雪地帯向け)CVTの4Dセダンが大穴でしょうか?日本でセダンが売れないのは、3ナンバーなのにスペースが狭く、価格も割高感があるからだと思います。

・sx4のセダンはまだ見かけた事ない。
エリオセダンやキザシは近所に1台いたけど…ww

・軽自動車中心のメーカーで、スズキと並ぶダイハツは、現在トヨタの子会社と言うことで、セダンはトヨタからのOEM車を発売しています。
その「アルティス」は、なんとトヨタの「カムリ」をベースにしているのです。

・キザシ、近所で見ました。空き巣被害の家に来てた覆面パトカーでした。 最初フロントグリルに付いてた、Sのエンブレムを見て、スカイラインかと思ったら、後尾にSUZUKI のエンブレム?帰ってパソコンで調べたらキザシと判りました。3ナンバー、スズキが作ってたのか?

・キザシが3000V6DOHCのFR車ならね。あとオートマ。2400直4のFFのCVTなのが残念。日本に試乗車はなく、カタログだけで販売。あとSUZUKIの高級車といっても見向きされないのが現実。今は、セダン市場が冷えきっているので、時期も遅すぎた。

・警察じゃないキザシを見たことない。

・キザシはさすがに消滅して、残念ですね。

・3年前に2002年製のエリオを買いました。
スバル以外で4WDの5MTで走行距離5万キロ以下で50万円以下と言う条件で2年間検索し続けたら走行距離2万キロで込み込み20万と言う聞いた事も無い名前の車が飛び込んで来て思わずポチっとしてしまいました。
本当に走行2万キロらしくショックもシートもヘタリも無く屋内保管だったのか錆も無い車体で履いていたスタッドレスタイヤが2001年製の9部山でした。
20年経っても全てのパーツが在庫有りと言う不人気車の象徴のような車でしたが驚いたのは20年前のスタッドレスタイヤで長野北部の豪雪地帯を毎日通勤で走っていますがスイフト4WDの10倍ぐらい滑らないバランスの良い車でした。

実はこのエリオの1.8Lモデルは国内唯一のM18エンジンを乗せた車両でシエラやスイフトのエンジンにターボを乗せるよりこのエンジンをスワップした方が速くなると言う希少車と言うのを後に知りました。

エリオに乗り替えて不人気車には良い所も有るってのも分かりました。
まずパーツが残っているのは有難いですし保険会社を変えなくても自賠責保険が1万円以上安くなります。
同一型番で何年も事故歴が無いのが要因みたいです。