三菱 コルトギャランGTO(前編)-商品概要紹介

・私は日本車が大好き

・三菱GTOと、後のスタリオンは間違いなく伝説の名車である。

・初めての三菱車で1975年の1700SL(A55C)に乗ってました。シングルキャブをデロルトのツイン、タコ足、50φマフラー、ラリーサス、ロールバー、RSワタナベ製エイトスポークホイール他キャレロの丸4灯ヘッドランプがお気に入りで各地のダートを走りまくってました。

・今見ても、なんとカッコいいこと!

・そういえば、トヨタx日産で競っていた1980~90年頃、三菱は数値上の性能が頭1つ上だったのに、何故か全く車好きには注目されてなかった。ミツビシにいる友人に理由を聞いたら「エンジンがボロいからなぁ」とか言ってたけど、乗ってる人からはいい評判を聞いた。
わりと好きだったから不思議だったな。ラムダとかもマイナーながら気になっていた。

・免許取って、初めてローンで買ったのがGTOのGSRだった。
納車の時、嬉しかったな~。

・FTO ! が好きだった

・GTOはオレンジだろう普通 ヒップアップクーペと言ってたよ

・ウインカーとストップランプがまだ兼用の頃なんですね

・GTO好きだったな!。ちなみに当時彼女が乗って致した。(私は学生で買えませんでした)

・三菱はこれだ‼️

・A53c4g32初めて乗った車、エンジン壊してしまってないたっけな〜、

・小林旭を思い出しましたよ
♪あんまりコルトじゃ身がもたぬ〜♪

・当時三菱唯一のDOHCでその後今は無き岡崎市の端、豊田市境の三菱整備専門学校の学生がコレを乗ってたのには驚いた。

・この車、親父が乗ってたらしい

・これ欲しかった 高くて手が出なかった

・当時はマスタングじゃなくムスタングでしょw

・前期型の赤ウインカーはいいですね。

・うちの父が2台続けて買って乗ってました。
父がライバル視されてたセリカを乗った時、ギャランGTOのハンドリングの良さに改めて気づかれたそうです。
できれば自分も乗ってみたい。

・朋幸 渡辺 名でコメントしている通り・・・

・この試作車が欲しかったな~スポークホイールにサイドブレーキの横にレバーが有ってウイングがでた。あの雑誌何時も見てたな~

・この頃の三菱車は見た目が優先で、内容が付いて行ってなかったと思う。例えば足回りはフロントはストラット式だが、リヤはリーフ・リジットというトラックのようなもの。エンジンはMRはDOHCだがロング・ストロークエンジン。といった具合。外見は良いのだが。

・新婚当時この三菱ギャランGTOが発売されたのを覚えています。当時私達はニッサン・サニー
に乗っていたので(妻が実家から乗って来た)そんなに興味を覚えた事はありません。
当時、三菱ギャランGTO-MR、イスズ117クーペ、イスズベレットGT-R、トヨタコロナGT、
トヨタ2000GTあたりがスポーツ・カーと言える車だったと思います。
つい数年前三菱ギャランVR-4、ランサーエボリューション(通称ラン・エボ)
でWRCを戦っていましたよね。ドライバーはトミ・マキネンで
1998年に初のマニュファクチャラーズタイトルを、1999年もドライバーズタイトル
近年はWRカーの投入で三菱は大々的な参加をしていませんが、もう一度WRCに
参戦してほしいと願うばかりです。(スバル・インプレッサも)

・この方まだご健在なのかな?今の車にはコメントしないだろうな。分かりやすくて、車が欲しくなったもんだ。

・私の母が若い頃に付き合っていた彼氏がギャランGTOに乗っていたと言ってたのを覚えてます。結婚したあとにギャランGTOの後継モデルのギャランラムダを買い、私も子供の頃に沢山助手席や後部座席に乗りました。ギャランGTOは動画や写真、モーターショーでの展示車で見たのですがメーターや内装はラムダと似ていてラムダもGTOも好きな車です。
ラムダはもう無いのですがプラモデルでは沢山作りました。GTOも新しくプラモデルで出たので作ってラムダと並べて飾ってみようと思ってます✨

・近所で乗ってました‼️ダックテールがカッコ良くて今更ながら先進的ですよ‼️LBより3~4年前だったかな~⁉️GSRでオーバーフェンダーは最高にカッコ良く決まってました‼️

・陽射しの下で「キーワードはアメリカン・・・」と語る熊倉さん。すでに老境を歩み出しているであろうにも拘わらず、その顔は少年ののように輝いている。熊倉さんのその思いが私に感染したかのように、半世紀前の記憶が群がり起こった。私は東京へ出て一人暮らしを始めるのに対し、田舎の家を継ぐ代わりに親からGTO-MRを買い与えられた友人、その友人の駆るこの車の助手席で、複雑な思いを胸に秘め、ぼんやりと田園風景の彼方に流れる山並みを私は眺めていた。そんな私の思いを知る由もない友人はしかし、いきなりアクセルを踏み込むと前を走るセダンを軽々と追い越したのだ。そのとき背中に感じた急激な圧力はかつて経験したことのないもので、他愛もない感傷の夢から私を目覚め指せるに十分な衝撃だった。いつの日か私もこういう車を所有してみたい、車に対する欲望を始めて感じた瞬間でした。

・GTO-MRの、ロング・ストローク・DOHCのM/Tミッション車って、どう乗れば良いんでしょうねぇ???エンジン回して良いんでしょうかねぇ?その前に回るのかな~?今見ると古いんだろうなぁ~・・・

・BMW635csiのパクリだなこのデザイン