三菱アイ 2006年Gマーク最終プレゼンテーション

・復活して欲しい。
僕はekカスタムから中古のアイをまた買いました。

・大事に乗ろう!とおもったのは生産が終わってしまったと聞いた時。そしてタイヤがすげぇ高い事を知った時・・・その思いはさらに強くなった

・これだけ素晴らしい車も買いたい時には発売終了されてるのが悲しい。飽きの来ないスタイルと中身なんだから、今新車あっても売れてたと思う。かつてのスバル360みたいに10年作り続ければ金型やエンジンなど減価償却も済んで車両価格も安くなってたはずだし、このリヤエンジンなどパワートレーン流用してミニキャブなどの商用車作れば赤帽みたいなユーザーつかめたかもしれないのに・・今となっては嘆くしかない。

・珍しくマガジンXの「ざ、総括」コーナーで、審査員の皆様が5つ星判定してました…国産車では、2000年のインプレッサだけだったと記憶しています。……勿体無いなァ。

・後方衝突安全性がここまで考慮された軽自動車って今でも出てないんじゃないかな?

・こういうクルマこそ長く作り続けて欲しいのに…。

・◎ フロントロアアームからリアサスの付け根までサイドメンバーで接続されているから剛性が高い。
  前輪をギリギリまで前に配置したおかげで、アクセルがしっかり右にある。運転席も真っすぐ前向き配置。

× 前後異サイズでタイヤが高い。
  奇抜なデザインで恥ずかしい。
  フロントガラスがでかすぎる(インパネの奥行きが長い)を減らしてボンネットの寸法に充てた方が。
  リアエンジンは熱が抜けないので過酷。長い冷却水の配管が必要(雪国では腐食が心配)

フロントエンジンでこういう乗り味の車できませんか?