ダイハツ ストーリア CM

・このコンセプトをストーリア登場の5年前に実現していたら・・・、すなわち4代目シャレードをこのコンセプトで作っていたら、ダイハツの普通乗用車の販売に関する命運は大きく変わっていたと思う。

・このCMもダイハツらしいくて良かった。ストーリアもなかなか良いクルマだったし・・・

・I own this Japanese car commercial where there was green alien the head looked like the car

・今のダイハツとは全然違う毛色のCMだ。ダイハツ車は「クルマに関心がなくても低コストで維持できる」ことを目的に開発されているからな。一方のスズキは「低ランニングコストでクルマに親しんでもらう」ことを目的に開発しているぞ。