バブル期に誕生した個性溢れるマツダ車4選!ヒットはしなかったが魅力があったモデル!

・ユーノス500はほんとにいい車。デザイン、スペックもいいのに売れなかったのは残念…
90年後半から2000年代のすべてのセダン車の見本になっていると思う。

ランティスも忘れないで欲しい。

・コスモはもったいなかったですね。もうちょっと早く発売出来ていればそれなりに売れたかも・・・。

・ユーノスコスモは格好よかったよなぁ~

・基本この頃のマツダは全部個性的で魅力的なクルマ達だった

・今はほとんど見なくなったけど
当時リトラクタブル流行ってたね~

・オートザムAZ-1は見たことあります。

・ユーノスコスモは俺たちルーキーコップで仲村トオルが乗ってた記憶が…

・アスティナは後部座席に座るのに前ドアから乗り込んだ人がいるという逸話が残ってます。

・この頃スライド式サンルーフの付いたアスティナに乗っていました。最近はサンルーフの付いたクルマはあまり見ませんね。絶滅危惧種なんでしょうか?

・ユーノス コスモ、乗ってみたい!!!

・この頃のデザイナーはまだ在籍してるのかな〜

・売れなかったのは残念だけど、復活してほしいですね。

・ユーノス500はサッシュレスではなく
サッシュ(窓枠)はついてますよね。

あとどのクルマも大量には売れなかったでしょうが、
当時は普通にいっぱい見かける程度には売れていました。

みんなが同じクルマに乗るような社会は気持ち悪い。
(超小型車とかシェアカー、
 自動運転車は別にして)

・AZー1は一度は購入を考えたのですが、175㎝を越える身長だとさすがに狭く、泣く泣く諦めて中古のCRーXを購入した思い出があります。
この時ばかりは自分がもうちょっと小柄だったらと思ってしまいました。

・ユーノスコスモは、当時そのエンジンパワーを受け止められるクラッチやギアがなかったので、オートマのみだったらしいね。
今の技術なら、ユーノスコスモのMT仕様も作れるのだろうか・・・?

・売れなかったけど、この時代のマツダの曲線的なデザインはどれも好きでした。免許取って最初に乗ったのがランティスクーペでしたが、プレッソとか魅力的なクルマが多くありました。

・気になるウワサチャンネル
「2000年代に登場しながら1代限りで消滅したマツダ車」を、アップして下さい!