【昭和の名車 42】スバル レオーネクーペ 1400RX(昭和47年:1972年)

・スバル初のスタイリッシュクーペ

・ここに紹介されている紺色のクーペRX、当時中学だったが、ある先生が乗っていたのを思い出す。
それは他社とは異なる独特なクーペスタイル、それにボディサイドのラインとボンネットの「RX」の文字が目立っていたからだ。
その先生は若くてサッカーが上手で、放課後みんなを誘って良くサッカーをしてくれたもんだ。
ジャージ姿がきまっていて何よりこのRXがぴったりな爽やかでカッコ良い先生だった。