(再)スバル先進のテクノロジー(初代アルシオーネの紹介など)

・かつてはスペックで判断されたんだよね。使いもしないインチキなナントカ馬力を有難がってた。。アルシルオーネは米国で結構見ましたよ。本当にアメリカの風景に似合っててカッコ良かった

・当時はなんともカッコ悪いスバルが無理矢理作ったスポーティーカーのイメージだった。が、今見ると紅ジャケのオスみたいな豪快なルックス 悪路でも問題なく走破しそうな車高の高さ…これはこれで相当魅力的です

・スバル!

・車はスペックが全てじゃないということを教えてくれる一台

・たしかにメカニカルおたくが喜びそうなデザイン・・・でも昔ながらのEAエンジンなんです(-ω-)

・アルシオーネは高性能を発揮するクーペとして、スバルのイメージリーダーカーの位置付けとなっているが、AT仕様でギアが3速しかないのと、最高出力が135馬力にすぎない(水平対向6気筒2700ccエンジン仕様でも僅かに150馬力)のは非常に残念です。