ホンダシャトルハイブリッド実燃費(8000km走行時)(´・ω・`) 悲報2

・こんにちは😃 毎度 燃費良いですね!

自分のシャトルは 20ちょっと💦
でも600は 走るので全然 気にしてません。

何せ前の車は 7しか走りませんでしたから(笑)

・HVの燃費については「鹿本享受」さんの動画を見ると大変参考になりますよ!

・カタログ燃費からして素晴らしい燃費のはずなのにほんのちょっと燃費が下がった程度で悪化悪化とばかり言われると、なんだかホンダシャトルが残念な車と言われてるみたいで何だか悲しいです。

・おはようございます! 
EVで走ってもエンジンで走っても効率が変わらなければ
エンジンのままで良いのではと言う判断なのかな?

長い下り坂の後の緩やかな下りが平坦に見えたりして・・・?

・うちのシャトルはガソリン4WD車ですが、250キロの長距離を満タン法で21km/Lでした

・太陽光発電してるのに買い取り拒否の電力会社みたいだね。

・僕のシャトルは18.9k/lです。
が、雪国なので…

・うちのガソリンモデルのシャトルは毎日通勤で往復15kmの信号少なめの道をリッタ−18走りました。
エコモードはOFFです。

・i-DCDのEVにならない病ですかね?当方のヴェゼルハイブリッドでもちょっと怪しい(-_-;)
https://youtu.be/4wxRCdEhp7Q

・i-DCDは1モーターだから
EV走行するほどの力がないからだと思います…
(i-MMDは2モーターなので
ステップワゴンとかはEV走行できたはず)

・私もやっと6000㎞走りましたが、運転荒いし職場までの通勤距離が短いため、頑張っても24.4㎞が最高。これ以上は無理かも…

・冷えたエンジンを暖めるためじゃん?

・フィットハイブリッドに乗っていますが、充電が満タンかほぼ満タンの時に
EVならない病になりますね。 信号待ちとかあったら、発進でフル加速して
電気を使ってやるとEVになるように出来ます。 それで燃費が良くなるように
働くかどうかは分かりませんけどね。(^.^;  
ECOモードは、ノーマルモードと同じコースを同じように走って比較したら、
ノーマルモードの方が若干良かった(誤差かも)ので、ECOモードは使っていません。
取説には、エアコンの効きをセーブしてなんちゃらって書いてあったので、
エアコンを使う時はECOモードの方が良いのかもしれませんけどね。
それにしても、年間を通して30㎞/ℓ近いのは素晴らしい燃費ですね。(=^_^=)

・i-dcdシステムはギアが奇数段に入っている時のみEV走行が可能です。偶数段でもモーターアシストは使えますがギア設計の関係上で偶数段は常にエンジンが接続される為モーターだけの走行は出来なかったはずです。なのでEV走行できない時はその際の速度域が丁度偶数段のギアに入っている可能性があります。しかし排熱が理由の可能性も大いにあると思います。

・モーターのオーバーヒート抑制のためですよ。
特に上り坂で制御が働きやすくなってたと思います。
FIT3初期の頃はモーター速度域でであればヒート仕切るまでモーターで駆動してしまいシャットダウンってのがありましたからね。
最悪再始動出来ませんでした。
ニュートラルに入らない、ガチャガチャとニュートラルを探してそうな音はするけどもニュートラルに入らず終了〜となり、冷え切るまで待機です。

・開発した人しか分からない事ですよね。私が乗っているセレナe-pawer(シリーズハイブリッド)とは違うと思いますが急な長い下り坂だと回生ブレーキが効かなくなり、放電の為にエンジンが回りますよね。余りEV走行に関して知識がないのでフィーリング的なものですがバッテリーが満充電の時は余り燃費が伸びませんね。ある時、急にバッテリーを積極的に使い始めます。どうしてそうなるのか不思議でしょうがないのですが?プラグインハイブリッドのようにバッテリー主体で走行する車の場合はバッテリーの温度管理がしっかりしているんだと思います。ほとんどエンジンがかからないのでEV走行を楽しむことができますよね。気温がある程度上がると燃費が良くなりEV走行を積極的にします。冬場はエンジン使用率が高く極端に燃費が悪くなります。要はバッテリーの容量が小さい為、気温に左右され冷えていても、熱くなってもEV走行に影響するものだと思いますがどうでしょうね。

・トヨタにすれば解決します。