【FCV】ホンダ・クラリティフューエルセル 試乗インプレッション 後編 Honda CLARITY FUELL CELL review

・燃料電池車が存在するうちに私も乗っておきたいです。

・FCVでもトヨタホンダ双方のメーカーらしさが出ていて面白いですね
EVはあまり多くなると発電が追いつかなくなるじゃないですかね

・いつも同様、いい水たまりスポット走りますねぇ〜笑

・やっぱり車に必要なのは浪漫と自慢ですね!

・天然の水素が無いので、普及は難しいですね。

・燃料電池車に関しては全く同じ意見で、今後普及することは無いでしょうね
化石燃料車に対して決定的な問題が航続距離・充電時間のみである充電式の電気自動車は
電池のイノベーションのみで問題が解決されるのに対して、水素燃料電池車は
超えるべき問題が多すぎると思います、
個人的には将来は進化した電気自動車に完全に駆逐されて、高級車どころか存在すら全く無くなる
と思っています。

・燃料電池車のイメージとして静かな自動車というイメージがあったのですが、動画を見る限り車内の騒音は意外とある物ですね。将来の燃料がどうなるのか私はまだ予想が一切出来ませんが、それでも各メーカーともに「走る楽しさ」ある車を作って欲しいと考えてしまいます。次回はミニですかね。楽しみです。

・貴重な車ですね。この米国人受けのみ狙いましたというスタイリングは、実車を見ると意外と格好いいので気に入ったら買いですね。環境税みたいな税金でガソリン車はかなり高額になり、補助金で燃料電池車は安くなるといういびつな構造になるので、政府の本気度で普及の速さは変わりますね。インドや中国から普及かもしれませんね。

・やっぱり、FCVですよね〜。
僕はミライを乗っているんですが、
購入時にクラリティーとミライを
試乗した時に、クラリティーでは、
ロードノイズがやはりあり、ミライでは、座席の高さが高く、運転が楽しかったです。
クラリティーでは、ハンドリングが悪く、高速道路のカーブなどでしっかりと、自分通りに動いてはくれませんでした。さらに、継ぎ目などにはサスが悪く、気持ち悪くなってしまうんではないかと思ってしまいました。
ミライでは、サスは完璧でした。
ハンドリングはクラウンなどと一緒かなと思いました。
内装では、本田は最近の新車に同じデザインを使っている。こんなに、外装、技術はすごいのに、内装が
駄目ポイントだったかなって思います。

ひと好みはあるでしょうけど、
全ての技術、などではミライの方がうえだとおもいます